国内

岸田氏がスパコン富岳視察「政策磨きに活用」

 自民党の岸田文雄前政調会長は23日、神戸市の理化学研究所を訪れ、計算速度ランキングで世界一のスーパーコンピューター「富岳」を視察した。富岳は新型コロナウイルスの治療薬発見などに利用されており、次期総裁選を見据えた政策づくりの参考にする狙いがある。視察後、記者団に「大変良い刺激をもらった。政策の磨きにしっかり活用したい」と語った。

 視察では、理化学研究所の職員が、せきや発話の際に感染者から出る飛沫(ひまつ)の飛散距離の解析などに富岳を利用していることを説明。岸田氏は「予算の確保などの視点から、最先端の技術をしっかりと支えていかなければならない」と強調した。

 岸田氏はこの日、神戸市内で兵庫県の政財界関係者を集めた自身の後援会会合も開催した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus