海外情勢

新型コロナ再拡大うけベルギーとチェコで夜間外出禁止 独クリスマス市は中止

 新型コロナウイルス感染の再拡大を受け、ベルギーで26日、午後8時以降の商店営業禁止や午後10時以降の外出禁止の措置が始まった。首都ブリュッセルでは秋休みを絡めて28日~11月11日に中学、高校生が登校しないことも決めた。

 チェコ政府も26日、午後9時から午前5時まで原則として外出禁止とする方針を決めた。28日から11月3日まで。DPA通信によると、伝統的なプラハのクリスマス市も中止が決定。例年は12月に観光客ら約70万人が滞在するという。

 また、ドイツ南部ニュルンベルク市も26日、世界的に有名なクリスマス市の開催中止を発表した。ニュルンベルクのクリスマス市はドイツ各地で行われる市の中でも大規模で、例年は11月末にオープン。日本からの観光客も多く訪れる。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus