国内

ガソリン133円90銭 6週連続値下がり

 経済産業省が28日発表した26日時点のレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格は、19日時点の前回調査と比べて10銭安い133円90銭だった。6週連続で値下がりし、7月下旬以来、約3カ月ぶりの安値水準となった。

 調査した石油情報センターによると、欧州での新型コロナウイルスの感染再燃などによる需要減退懸念から原油価格が軟調に推移しており、ガソリンの小売価格にも反映された。来週も値下がりが続くと予想している。

 地域別では、28都道府県が値下がりした。最も値下がり幅が大きかったのは宮崎で1円ちょうど低下した。次いで兵庫が90銭、長崎が70銭それぞれ値下がりした。値上がりしたのは12県で、沖縄は1円20銭、福島と和歌山がいずれも70銭上昇した。7県は横ばいだった。

 ハイオクは1リットル当たり20銭安い144円70銭、軽油は20銭安い114円60銭だった。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus