国内

菅首相、来月10日の閣議で3次補正予算の編成指示へ

 菅義偉(すが・よしひで)首相は30日、新型コロナウイルスの感染拡大からの国内の景気回復に向けた令和2年度第3次補正予算案について、来月10日の閣議で編成を指示する方向で調整に入った。与党幹部が明らかにした。

 首相は29日、参院本会議の代表質問で「経済動向を注視しながら躊躇(ちゅうちょ)なく予算上の措置を含め、必要な対策を講じる」と述べた。追加経済対策の規模は総額10兆円超になる見通しだ。

 政府は来年1月召集の通常国会の冒頭に3次補正予算案を提出し、コロナ禍で落ち込んだ経済の立て直しに注力する。3年度予算案と一体で編成し、切れ目のない「15カ月予算」として対策を続ける構えだ。

 財源は約7兆円が残るコロナ予備費の一部を繰り入れるほか、不足分は追加で赤字国債を発行する。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus