海外情勢

GAFA3社が過去最高益 7~9月期、最終利益は計4兆円

 「GAFA」と呼ばれる米巨大IT4社が29日発表した2020年7~9月期決算は、グーグルの持ち株会社アルファベット、フェイスブック、アマゾン・コムが四半期として過去最高益を更新し、新型コロナウイルス禍の中で強まるデジタル化の流れを取り込み、好業績が際立った。アップルは減益だった。

 最終利益の合計は前年同期と比べ31%増の380億9700万ドル(約4兆円)。

 アルファベットは売上高が14%増の461億7300万ドル、最終利益が59%増の112億4700万ドル。フェイスブックは売上高が22%増の214億7千万ドル、最終利益が29%増の78億4600万ドルだった。

 アマゾンの最終利益は約3倍となる63億3100万ドル。ネット通販の利用が拡大し、売上高は37%増の961億4500万ドル。アップルの最終利益は7%減の126億7300万ドルにとどまった。売上高は1%増の646億9800万ドルだった。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus