国内

鳥インフルエンザ、通常は人に感染せず 熱で感染性失う

 香川県三豊(みとよ)市の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが確認された。鳥インフルエンザは、A型インフルエンザウイルスによる鳥の病気だ。高病原性に感染すると、その多くが死ぬ。

 国内で高病原性鳥インフルエンザが発生した場合は家畜伝染病予防法に基づき、必要な措置が講じられる。具体的には発生農場での殺処分や焼却、移動制限区域の設定などが実施される。

 厚生労働省によると、通常は人に感染することはない。国内ではこれまで、鶏肉や鶏卵を食べて鳥インフルエンザに感染したとの報告例はない。またウイルスは、加熱すれば感染性を失うとされる。

 ただきわめてまれとされるものの、海外では人の感染例がある。市場などで感染した鳥やその排泄(はいせつ)物、臓器などに濃厚接触したことが原因とみられている。

 このほかウイルス遺伝子の変異で、人から人へ感染する新型インフルエンザとなって流行することも警戒されている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus