海外情勢

ニュージーランド新閣僚は多彩「彼らは様々な視点、大きな才能を持っている」

 ニュージーランドのアーダン首相はこのほど第2次政権を発足させ、首都ウェリントンで就任宣誓を行った。新内閣の閣僚は40%が女性、25%が先住民マオリ、15%が性的少数者と多彩な顔ぶれ。アーダン氏は「彼らは総合的にさまざまな視点、大きな才能を持っている」と評した。

 同国初の女性外相となったナナイア・マフタ氏は顔にマオリ伝統のタトゥー(入れ墨)をしており、多様性に富む内閣の象徴として注目されている。

 一方、同国の選挙管理委員会は6日、10月17日に実施された議会(一院制、基本定数120)総選挙の正式結果を発表した。暫定発表で第1党となったアーダン首相率いる与党労働党が1議席増やして65議席、最大野党国民党は2議席減らして33議席となった。先住民主体のマオリ党が1議席増え、2議席となった。議席総数は120だった。(シドニー 共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus