海外情勢

ベトナム貧困の地に光 ハイテク機器供給で急成長“ゴールドラッシュ”

 米アップル製品の組立工場の移管先となったベトナム東北部のバクザン省は、電子機器版ゴールドラッシュの様相を呈している。つい最近までは国内で最も貧しい地域の一つで、コメやライチ、鶏肉の生産で知られていた。だが、ハイテク分野における世界のサプライチェーン(供給網)の移管先になってからは地元住民の暮らしぶりは様変わりした。

 「工場の恩恵で極楽」

 首都ハノイ北部に位置する同省の高官は、今ではアップルや台湾の鴻海精密工業の担当者の対応をしている。電子機器分野への海外からの投資は毎年ほぼ倍増しており、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)のさなかでもその傾向は続いている。同省は今年の輸出額を110億ドル(約1兆1500億円)と、ここ6年間で10倍の飛躍的拡大を見込む。住民の暮らしは派手になり、汚れたオートバイからホンダの新しい二輪車に乗り換えたり、新しく舗装された道でトヨタ自動車のスポーツ用多目的車(SUV)やメルセデス・ベンツのセダンを運転する。

 グエン・バン・ランさん(64)は「工場のおかげで今は極楽生活だ」と話す。グエンさん一家はかつては肉を買う余裕がなかったが、工場の建設作業員向けの下宿を運営している。

 政府の統計によると、同省の1人当たりの所得は2010年には650ドルと、全国のおよそ半分の水準だったが、初の好景気に沸く中、今年は3000ドルを見込む。

 同省の好調さは世界の供給網の移管がこれまで取り残されてきた地域にどのような影響を及ぼすかを浮き彫りにする。中国の人件費上昇や米中貿易戦争、そして新型コロナの感染拡大の真っただ中で、ベトナムの共産党指導者がこれまでうまく物流面の脆弱(ぜいじゃく)性を制御してきたことで、より高度な製造業を引き付ける能力が高まった。

 韓国のサムスン電子などメーカー各社はベトナム北部の省に打診し、数十億ドルを投じる生産拠点の設置を約束している。サムスンは現地でスマートフォンのおよそ半数を生産している。アップルの受託生産業者、台湾の和碩聨合科技(ペガトロン)は同業他社のベトナム移管に追随して、同国北部最大の港湾都市ハイフォンに10億ドルを投じる計画だと地元メディアは伝えている。アップルはベトナムで最近、機械の熟練エンジニアや供給網の管理マネジャー、政府との渉外担当者などの求人を掲載した。

 米イーメイト・コンサルティングの供給網の専門家、ジーン・ティンダル氏はベトナムの魅力について、低コスト、政治的な安定性、投資家優遇政策、インフラの改善、そして国家によるハイテク新興企業の促進支援策を挙げる。

 生産移管の動き加速

 バクザン省にはくい打ち機やクレーンが点在しており、20カ所余りの工業団地の設置案が出されている。地元経済の成長率は20年1~9月期に前年同期比10.9%増と、ベトナム全土の同期間の成長率(2.12%)を大きく上回る。

 省内5カ所の工業団地のうち4カ所があるヴィエトイエン県のグエン・ダイ・ルオン民委員会副委員長は「われわれは世界の供給網が変化するなかで生きている」と話す。16年以降、同省へ生産を移管するメーカーの動きは加速。各社が同省に投じた額は38億ドルと、過去4年の4倍のペースに上がった。

 ルオン氏によると、政府は部品輸送向けに河川港を建設しているほか、アップルの要請で、「エアポッド」生産最大手の中国の立訊精密工業(ラックスシェア)が構える16ヘクタール(16万平方メートル)の複合施設近くに労働者の住居用の土地を提供した。

 立訊のような企業で電子機器版ゴールドラッシュを享受しようとする近隣住民がバクザン省に殺到するいま、同省はほぼ完全雇用の状態だ。立訊は今年9~12月に2万人を雇用する方針で、ルオン氏によれば、ヴィエトイエン県内での雇用者数は総勢4万7000人に達するという。同社は省内の別の場所で1万2000人を雇用するという。

 ルオン氏の話では、電子機器の組み立てラインで働く人の年収は残業代や賞与込みで税引き後およそ5500ドルと、全国平均(3000ドル)を上回る。

 ただ急成長は負担を伴う。残業代の算出方法の変更を機に、9月に立訊の工場で短期間のストライキが発生し、ベトナム語を話さない監督者と労働者の間に緊迫した対立を招いた。ストに参加したホアン・プオン・ドイさん(30)によれば、労働者を納得させるために立訊はストを迅速に解決したという。「組み立てラインの仕事は非常に厳しい。長時間労働なのに常に高い集中力で非常に迅速に作業しなければならない」とドイさんは話す。

 米スタンフォード大学の開発経済学者、スコット・ローゼル氏はベトナムの今後の課題について、いずれコスト上昇や高スキル経済への方向転換に伴い工場が去ったときに、「中所得国のわな」に陥るのを回避できるように教育水準の向上を確保することだと指摘する。

 将来世代に質の高い教育を施すことは、下宿を営むランさんのようなバンダン省住民の夢だ。幼少期は「衣食に事欠いた」と語るランさんは、生後3カ月の孫娘を見下ろしながら「この娘は食べる物がたくさんあって一張羅を身に着けるだろう。大学に進学させて、これまで以上のチャンスがあるようにするつもりだ」と語る。(ブルームバーグ John Boudreau、Nguyen Dieu Tu Uyen)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus