海外情勢

欧州中銀、気候変動巡る健全性審査 22年に実施

 欧州中央銀行(ECB)は27日、ユーロ圏の銀行を対象として2022年に実施するストレステスト(健全性審査)で、気候変動が経営に与える影響を調査すると発表した。気候変動は災害による被害増や電気自動車(EV)への転換のような企業活動の変化を引き起こし、金融機関の経営にも影響するためだ。

 21年中にテストの詳細を公表する。欧州連合(EU)が50年までに温室効果ガス排出量を実質ゼロにする目標を掲げる中、ECBとしても取り組みを強化する。

 ECBは気候変動により生じうるリスクの管理と開示の方法に関する指針も示した。21年初めごろに指針にのっとって自己点検するよう銀行に求め、ECBが22年に検査を行う。ECBの調査によると、主要銀行のうち気候変動を巡る基本情報を十分に開示していたのは3%にとどまるという。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus