海外情勢

米グーグル、日本メディアにも記事対価 本格交渉へ

 米グーグルは4日、報道機関に記事の対価を支払う取り組みを日本のメディアにも拡大する方針を明らかにした。既に欧州や南米などの一部の報道機関と契約を結んでおり、日本メディアとも本格的な交渉に入るもようだ。対象となる具体的なメディア名や開始時期は不明。

 グーグルは今年6月、報道機関に対する支援策として、質の高いコンテンツに対価を支払う方針を発表。10月に新たなサービス「グーグルニュースショーケース」を始めた。3年間で計10億ドル(約1040億円)を支払うとしている。

 これまでにドイツやブラジル、アルゼンチン、カナダ、フランス、英国、オーストラリアで400近い媒体と契約。媒体数はこの2カ月で倍増した。グーグルは「他の多くの国で協議している」と説明している。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus