国内

首相「事実と異なる」と謝罪 桜を見る会めぐる官房長官時代の国会答弁

 菅義偉(すが・よしひで)首相は24日、安倍晋三前首相の後援会が「桜を見る会」前夜に主催した夕食会でホテルに支払う費用の不足分を補填(ほてん)した問題で、官房長官時代の国会答弁で補填を否定していたことについて「事実と異なる答弁になってしまい、国民に大変申し訳ない」と謝罪した。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 首相はまた、自身の答弁が事実と異なっていた理由について「安倍前首相が国会で答弁した内容について、必要に応じて前首相に確認をしながら答弁してきた」と説明。事前の事実関係確認に関しては「他の政治家の政治活動の一つだから、いくら官房長官でも確認することはできなかった」と釈明した。

 安倍氏の国会答弁が事実と異なっていたこと自体には「ここについては重く受け止めたい」と述べた。桜を見る会の招待者に関する再調査を行うか聞かれ「前回の国会、その前の国会から質疑応答がきちっと行われてきている。そうした予定はない」と否定した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus