国内

茂木氏、来年2月にも訪米の意向 次期国務長官と会談へ

 茂木敏充外相は24日、産経新聞のインタビューに応じ、早ければ来年2月にも訪米し、次期国務長官に指名されたブリンケン元国務副長官と会談する意向を示した。菅義偉(すが・よしひで)首相の初訪米に先駆けて外相同士で協議し、日米首脳会談の成果につなげる考えだ。

 茂木氏は「日程調整はこれから」としつつ、首相の訪米についてバイデン政権が発足する来年1月20日から「1~2カ月」後をめどに調整する考えを示した。その上で「トランプ政権はトップダウンで物事を決めたが、バイデン政権は積み上げていくアプローチをとる可能性が高い。外相会談で粗ごなしをして成果のある首脳会談につなげるのも一つの考え方だ」と述べた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus