国内

安倍前首相「結果として事実に反した」 「桜」補填問題で謝罪

 安倍晋三前首相は24日、自身の後援会が主催した「桜を見る会」前日の夕食会の費用をした補填した問題をめぐり国会内で記者会見し、国会で事実と異なる説明をしてきたことについて、「当時の私の知る限りの答弁をしたが、結果として事実に反するものがあった。深くおわび申し上げる」と謝罪した。

 安倍氏は、政治資金規正法違反(不記載)罪で東京簡裁から罰金命令を受けた後援会代表の公設第1秘書が、一連の責任を取って辞職したことを明らかにした。25日午後には衆参両院の議院運営委員会に出席し、過去の答弁を訂正したうえで経緯を説明する。

 安倍氏は、夕食会の費用補填分が政治資金収支報告書に記載されていなかったことに関し、「会計処理は知らない中で行われた」と釈明。補填に充てられた金銭は「(事務所に預けている)手持ち資金の中から支出した」と説明した。

 安倍氏は、国会で事実と異なった答弁をしたことについて「行政府の長、自民党総裁、国会議員として国民、与野党全ての国会議員に深くおわびする」と語った。自身の政治責任は「極めて重いと自覚している」とも述べたが、議員辞職や自民党離党の可能性については、「初心に立ち返り、全力を尽くすことで職責を果たす」と否定した。

 菅義偉首相も24日、官房長官時代の国会答弁で補填を否定していたことについて、「事実と異なる答弁になってしまい、国民に大変申し訳ない」と謝罪した。官邸で記者団に答えた。

 安倍氏は24日午前、東京地検特捜部が公設第1秘書を略式起訴したことを受け、衆参両院の議長宛てに「答弁を訂正する発言を行いたい」と申し出た。与野党は25日の議運委を公開で実施し、質疑も行うことで合意した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus