株価・外為

30年4カ月ぶり高値 東証 714円高、2万7千円台 バブル経済期以来の水準

 29日の東京株式市場の日経平均株価は大幅続伸し、前日比714円12銭高の2万7568円15銭で取引を終えた。平成2年8月以来、約30年4カ月ぶりの高値で、バブル経済期以来の水準を付けた。終値ベースで2万7000円台は約29年9カ月ぶり。米追加経済対策への期待や前日の米株高を支えに買い注文が広がった。

 新型コロナウイルス流行を受けた経済対策で、世界的に大規模な金融緩和策が講じられ、市場に大量の資金が流れ込んでいることが歴史的な株高の背景にある。

 前日の米国市場でダウ工業株30種平均など主要3指数が最高値を更新したことや、米下院が現金給付の増額法案を可決したと伝わったのを材料に、朝方から買い注文が優勢になった。外国為替市場での円安ドル高進行も輸出関連企業の業績にプラスになるとして投資家の安心感につながった。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus