国内

自賠責保険料、4月分から値下げ 金融庁、コロナで事故減少

 金融庁は13日、自動車やバイクの所有者に加入が義務付けられている自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)の保険料を検証する審議会をオンラインで開き、今年4月の契約分からの値下げを決めた。新型コロナウイルスの流行後の交通量減少や安全装置の普及などで事故が減ったことを踏まえた。値下げ幅は18日の会合で決まる見通し。全車種平均で8%程度下がると見込まれる。

 自賠責保険は自動車交通事故の被害者や家族を救済する制度で、死亡事故は最高3000万円、後遺障害では最高4000万円が支払われる。利益や損失を出さないように運営されており、保険金の支払いが減れば保険料を引き下げる仕組みだ。

 自動車の事故はコロナ禍の前から減少傾向にあり、保険料は昨年4月にも平均16.4%安くなっていた。2年連続の引き下げは初めてとなる。

 警察庁によると、2020年に交通事故で負傷した人は36万8601人で、前年より約9万3000人減少。死亡者は2839人と統計がある1948年以降最少で、初めて3000人を切った。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus