国内

ワクチン7200万人分契約 政府とファイザー

 厚生労働省は20日、米製薬大手ファイザーが開発した新型コロナウイルス感染症のワクチンについて、薬事承認を前提に年内に計7200万人分の供給を受けることで契約したと発表した。これまで6千万人分で基本合意していたが、1200万人分を追加した。

 田村憲久厚生労働相は「正式に契約を結んだことによって、接種がいよいよ動きだす」と述べた。契約前の基本合意では6月末までに6千万人分の供給を受けるという内容だったが、田村氏は「今年前半までになるべく多くのワクチンを供給いただくことをお願いした」と説明するにとどまり、詳細な供給スケジュールは明らかにしなかった。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus