株価・外為

長期金利上昇0・035%

 22日午前の国債市場は、長期金利の指標である新発10年債(361回債、表面利率0・1%)の利回りが前日終値より0・005%高い0・035%で始まった。

 米国のバイデン政権発足による景気回復への期待から投資家心理が改善し、安全資産とされる日本国債は売りが優勢となって利回りが上がった。

 大阪取引所10年国債先物の中心限月である3月きりは06銭安の151円92銭。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus