国内

日米防衛相が初の電話会談 尖閣、安保条約適用を確認

 岸信夫防衛相は24日、バイデン米政権で新たに就任したロイド・オースティン国防長官と電話会談した。東・南シナ海で軍事的影響力を強める中国をにらみ、沖縄県・尖閣諸島が米国による防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条の適用対象だと確認。北朝鮮の核・弾道ミサイルの「完全かつ検証可能で不可逆的な廃棄(CVID)」を進める認識でも一致した。

 電話会談後、岸氏が記者団に明らかにした。バイデン政権が20日に発足して以降、日米の閣僚が意思疎通を図るのは初めて。

 会談で両氏は、2021年度以降の在日米軍駐留経費負担(思いやり予算)を決める日米交渉についても、速やかな合意を目指す方針を共有。新型コロナウイルスの感染状況を踏まえつつ、なるべく早く対面での防衛相会談の開催を目指すと申し合わせた。オースティン氏は、早期訪日への意欲を表明した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus