海外情勢

米英首脳が電話会談で同盟深化を確認 パリ協定復帰「歓迎」

 バイデン米大統領とジョンソン英首相が23日、電話会談し、同盟関係を深化させていく方針を確認した。ジョンソン氏は、バイデン政権による温暖化対策の枠組み「パリ協定」への復帰や、世界保健機関(WHO)脱退に向けた手続きの停止を歓迎した。英首相官邸が発表した。

 両首脳は、新型コロナウイルス感染症流行に伴う課題について認識を共有。安全保障面では、米国のトランプ前大統領が軽視していた北大西洋条約機構(NATO)の重要性を改めて確認した。

 ジョンソン氏は会談後、ツイッターに「バイデン大統領と話せて光栄だ」と投稿した。バイデン氏は22日にカナダのトルドー首相らと電話会談を実施している。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus