国内

3次補正、コロナ禍の文化芸術支援に770億円 伝統文化・芸術も動画配信を促進

 衆院予算委員会で25日、令和2年度第3次補正予算案の本格審議が始まった。政府は3次補正で、新型コロナウイルスによって打撃を受けた音楽や演劇などの文化芸術に対する支援を強化する。イベント動画の海外配信にかかる費用や感染防止を徹底した上でのイベント開催費用を補助する事業など計約770億円を盛り込んだ。日本のコンテンツに対する海外の需要を創出するほか、伝統的な文化芸術を守る狙いがある。

 経済産業省は「コンテンツグローバル需要創出促進事業」として401億円を計上した。2年2月1日から3年1月31日の間に新型コロナを理由に中止となった公演について、有料オンライン配信や「投げ銭」など収益基盤を強化させることなどを条件に、再度公演を開催したりシステムを整えたりする費用を1公演あたり50%、3000万円を上限に補助する。

 海外で人気の高い音楽や演劇の公演、マンガやゲームの展示会などが念頭にある。海外需要創出を促進し、将来的な訪日外国人増にもつなげる狙いがある。

 文化庁はコロナ禍を乗り越えるための文化芸術活動の充実支援事業として250億円を計上。文化芸術団体に対しイベント開催費用を、団体の規模などに応じて2500万円を上限に補助する。他団体とのコラボレーションやこれまで訪問したことのない地域や施設での開催、オンライン配信など、要件を緩めに設定した。美術、能楽、歌舞伎、落語、茶道、華道、書道、囲碁、将棋など小規模約4000、中規模約400の幅広い団体が対象となる。

 文化芸術を担う人に対し、政府による持続化給付金が行き渡るまで時間を要したこともあり、団体への支援を強化する施策だ。

 施設に対し感染防止の環境整備費用を補助する事業50億円、全国規模の団体の公演を補助する事業70億円も盛り込まれた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus