国内

加藤官房長官、アストラゼネカワクチンの国内生産歓迎

 加藤勝信官房長官は28日午前の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンを日本に供給する英製薬大手アストラゼネカが9千万回分以上のワクチンの国内生産に向けた体制整備に入ったことを明らかにした。同社がワクチンの生産設備を整備する厚生労働省の補助制度への申請を27日に行ったと説明した。

 加藤氏は「ワクチンを国内で生産できる体制を確立することは大変重要だ。パンデミックに備えて生産体制の整備をしっかりと進めていく」と述べた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus