国内

3次補正予算が成立 単年度予算で過去最高 クーポン券に予診票の同封検討

 新型コロナウイルス対応を含めた19兆1761億円の追加経済対策を盛り込んだ令和2年度第3次補正予算案は28日の参院本会議で自民、公明両党などの賛成多数で可決、成立した。1、2次補正を含む2年度の予算総額は175兆6878億円まで膨らみ、当初予算(102兆6580億円)の1・7倍という単年度予算額では過去最大の規模となった。

 3次補正には感染縮小後を見据え、観光支援事業「Go To トラベル」経費に1兆311億円が盛り込まれていることなどから立憲民主党や共産党が反発してきたが、菅義偉(すが・よしひで)首相は本会議に先立つ28日の参院予算委員会で「3次補正にはコロナ対策は組み込まれており、しっかりと対応できる。そのほかに経済対策や国土強靱(きょうじん)化などを含めている」と重ねて理解を求めた。

 予算委では、河野太郎ワクチン担当相がワクチン接種に必要な「接種券(クーポン券)」を住民に発送する際、医師の診断を受けるための予診票を同封する案を検討していることを明らかにした。予診票への事前記入で接種会場の混雑や混乱などを避ける狙いがあるとみられる。河野氏はワクチン接種に関する相談を受け付けるコールセンターについて「来月の設置を目指している」とも述べた。

 また、田村憲久厚生労働相はワクチンを優先的に接種する「65歳以上」の定義に関し、来年3月末までに65歳を迎える人を念頭に調整していると説明した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus