海外情勢

アマゾン支援のEV上場へ リビアン、9月にも500億ドル規模検討

 米アマゾン・コムとフォード・モーターが支援する新興の電気自動車(EV)メーカー、リビアン・オートモーティブは、今年9月にも新規株式公開(IPO)の実施を検討している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

 IPOは約500億ドル(約5兆2300億円)か恐らくそれを上回る規模を目指しており、今年最大のIPOの一つとなる可能性が高い。EVメーカーの株式公開としても2010年のテスラ以降で有数の注目案件となりそうだ。

 非公開情報を理由に関係者が匿名を条件に語ったところでは、IPOのスケジュールは確定しておらず、年内の9月より後か来年にずれ込むこともあり得る。関係者の1人によれば、リビアンは銀行関係者とIPO計画を協議しているという。

 ブルームバーグ・ニュースが先に伝えたところでは、テスラの潜在的ライバルとして最も注目される企業の一つであるリビアンはティー・ロウ・プライス・グループが主導する投資ラウンドで1月に26億5000万ドルを調達し、企業価値は276億ドルと評価された。(ブルームバーグ Katie Roof、Kiel Porter)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus