国内

森友応接録、46回不開示 虚偽決定「遺憾」と麻生財務相

 麻生太郎財務相は2日の衆院予算委員会で、森友学園問題を巡る学園関係者などとの応接録の情報公開請求に対し、財務省が文書不存在を理由に計46回の不開示決定をしていたことを明らかにした。実際には応接録は存在し、一部職員もこれを認識していたため、虚偽決定を繰り返したことになる。麻生氏は「誠に遺憾だ」と述べた。

 不開示決定は2017年3月~18年5月に財務省の本省で9回、近畿財務局で37回あった。当時の理財局総務課長や国有財産審理室長は文書の存在を知っていた。

 川内博史氏(立民)への答弁。森友問題を巡っては、安倍政権下で事実と異なる政府答弁が計139回あったことが明らかになっている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus