国内

コロナ対応で巨額予備費「必要だった」 麻生財務相

 麻生太郎財務相は30日の閣議後記者会見で、2020年度補正予算で新型コロナウイルス対策として積んだ計11兆5千億円の予備費をほぼ使い切ったことについて「予備費のおかげで迅速に対応できた。緊急事態では必要な手段だった」と述べた。

 予備費は内閣の判断で自由に支出できるため、使い道のチェックが甘くなる問題点が指摘されている。政府は21年度予算でも5兆円のコロナ対策予備費を計上しているが、麻生氏は「使わずに済めばいい。大きな支出を伴ったので、(財政を)修復していくのが仕事として残っている」と話した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus