国内

丸川五輪相「叱咤激励ではないか」 二階幹事長の中止言及に

 丸川珠代五輪相は16日の閣議後の記者会見で、東京五輪・パラリンピックに参加する選手への新型コロナウイルス検査について、原則として毎日実施する方向で大会組織委員会と協議していることを明らかにした。「安心安全な大会をどう実現できるかという方策の一つ。具体的に実務的な検討を進めている」と述べた。

 自民党の二階俊博幹事長が、大会の中止も選択肢と言及したことについては「そのようなことにならないよう、しっかり安心安全な大会実現に向けて取り組むように、との叱咤激励ではないか」と冷静に受け止めた。

 東京大会の開催に関し、萩生田光一文部科学相はコロナ禍でも競泳の日本選手権やサッカーの国際試合などが行われた実績を示した上で「さまざまなスポーツイベントの感染症対策の取り組みや専門的知見を踏まえ、安全安心を最優先した大会を目指す」と強調した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus