国内

「最終的に内閣で判断」 田村厚労相、緊急事態宣言発令について言及

 田村憲久厚生労働相は16日の記者会見で、新型コロナウイルス緊急事態宣言の発令について「専門家の議論を踏まえ、内閣として最終的に判断していく」と述べた。政府対策分科会の尾身茂会長が「蔓延(まんえん)防止等重点措置でできないことがあれば宣言も検討すべきだ」とした発言を念頭に、田村氏は「(検討の前に)何をやるかが、非常に重要だ」と強調した。

 厚労省に対策を助言する専門家組織が、全国の感染状況に地域差があると指摘した点に触れ、「よく状況を見なければならないとの評価だった。しっかり参考にしたい」と、慎重に検討する考えを示した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus