海外情勢

“ゴースト牛”20万頭で偽る タイソンなど被害、牧場に多額支払い

 米食肉加工最大手タイソン・フーズは昨年末、ワシントン州パスコの牧場で20万頭を超える牛が行方不明となっていたことに遅ればせながら気付いた。

 しかし、そもそも牛は実際には存在していなかった。この奇妙な出来事は、同社と牛の飼育で契約していたイースターデー牧場の破綻で初めて明らかになった。結局、同牧場の破綻でタイソンや他の生産者は2億ドル(約220億円)余りの損害を被り、牛肉やトウモロコシの先物取引に手を出していた同牧場の経営者は刑務所に送られることになりそうだ。

 裁判資料によると、イースターデー牧場は、体重1000ポンド(約450キロ)を超えるのが理想とされる種類の牛を飼育していた。タイソン・フレッシュ・ミーツは少なくとも2010年以降、自社に代わって牛を購入し、飼育する契約で同牧場に多額の代金を支払っていた。

 しかし、米司法省の声明によると、同牧場は5年前からタイソンに対し、実際には購入していない「ゴースト牛」を記載した偽の請求書を送っていた。そうして得た資金はリスクのある先物取引で生じた多額の損失を補うのに充てられていたという。

 同牧場の経営者は10年にわたって牛肉とトウモロコシの先物取引を行い、米商品先物取引委員会(CFTC)によると、損失額は最終的に2億ドル余りに上る。CFTCはこの経営者を相手取って訴えを起こし、経営者は有罪を認めた。

 タイソン・フーズは「失われた資金の回収を目指しており、同様の事態の再発防止策について外部監査人と協力している」と説明した。(ブルームバーグ Jeremy Hill)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus