国内

世界の脱炭素化へ協力推進 首相、国連特使と電話会談

 菅義偉(すが・よしひで)首相は30日、国連の気候変動担当特使を務めるブルームバーグ前米ニューヨーク市長と電話会談し、世界の脱炭素化に向けた取り組みについて協力を推進していくことで一致した。ブルームバーグ氏は2030年度の温室効果ガス排出を13年度比で46%削減する日本政府の新たな目標を「高く評価する」とした。

 首相はバイデン米大統領が主催した気候変動に関するオンライン首脳会合(気候変動サミット)について「各国の対策に向けた機運を高める上で有意義だった」と指摘した。

 会談は約10分間で、ブルームバーグ氏が要望した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus