海外情勢

習氏、バッハ会長との電話会談 東京五輪の「開催支持」表明

 【海口(中国海南省)=三塚聖平】中国の習近平国家主席は7日、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と電話会談した。中国国営中央テレビによると、習氏は「中国はIOCと引き続き協力し、東京五輪の開催を支持する」と述べた。米メディアなどで今夏の東京五輪・パラリンピックの開催について否定的な意見が出る中で、来年の北京冬季五輪を確実に実行するための思惑もあるとみられる。

 習氏は電話会談で、新型コロナウイルスワクチンに関する協力を強化する意向を示した。中国は、東京五輪参加者へのワクチン提供をIOCに申し出ている。

 一方、来年2~3月の北京冬季五輪・パラリンピックについては、期日通りの開催に向け「各種の準備を着実に推進している」と強調。新疆(しんきょう)ウイグル自治区での人権抑圧を理由に国際社会で出ているボイコット論を牽制(けんせい)した。

 日本が米国と対中連携を深めていることへの反発から、中国は対日姿勢を硬化させつつあるが、東京五輪開催については支持のスタンスを変化させていない形だ。中国は、東京五輪が予定通り開催できれば、半年後の北京大会に弾みがつくとみており、そうした計算が影響しているとみられる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus