海外情勢

主要メディアの障害、米クラウド会社が影響か

 【ロンドン=板東和正】欧米や日本のメディア、ネット通販大手などのウェブサイトが日本時間8日午後7時頃から一時、つながりにくい状態になり、世界的にウェブサイトの閲覧ができない障害が発生した。英BBC放送(電子版)によると、英政府のサイトも一時的にダウンしたという。ウェブサイトの運営に関与している米クラウドサービス提供会社、ファストリーが関連した障害の可能性があるとみられる。

 ロイター通信によると、米国のCNNテレビ、ニューヨーク・タイムズ紙、ブルームバーグ通信などの主要メディアのほか米インターネット通販大手アマゾン・コムなどのサイトやアプリで障害が発生した。英国でも、フィナンシャル・タイムズ紙、ガーディアン紙で障害が起きた。

 日本でも、日本経済新聞社や読売新聞社などのサイトで、一時アクセスしにくい状態になった。

 米メディアによると、ファストリーが大規模な自社のシステム障害を報告した後に、各サイトがつながりにくくなる事態が発生したという。

 ファストリーは今回の問題が発生したことを受けて、修正プログラムを適用し、システムの復旧作業を終えたと公表した。一部のサイトはすでに閲覧できる状態に戻っている。

 ただ、同社のシステムに障害が発生した要因は調査中とされている。現時点では、サイバー攻撃が障害の要因になった可能性は指摘されていない。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus