海外情勢

米富裕層上位25人「ほぼ納税せず」 調査報道、当局の記録入手

 非営利の米報道機関プロパブリカは8日、米内国歳入庁(IRS)の機密情報に当たる富裕層の納税記録を入手したと発表した。アマゾン・コム創業者のジェフ・ベゾス氏ら上位25人を分析した結果、資産が2014~18年に計4010億ドル(約43兆円)増えたのに対し、連邦所得税は136億ドルにとどまった。「莫大(ばくだい)な富と比べほぼ納税していない」と指摘した。

 ホワイトハウスのサキ報道官は8日、「アクセス権限を持つ人物が政府機密情報を許可なく開示する行為は違法」と述べる一方、「企業や高所得者の納税を確実にするためにまだやるべきことがある」と強調した。バイデン米政権は格差是正を政策の柱に掲げている。

 調査対象はほかに電気自動車(EV)大手テスラ創業者のイーロン・マスク氏や著名投資家ウォーレン・バフェット氏、報道機関のブルームバーグ創業者のマイケル・ブルームバーグ氏ら。

 富裕層が持つ会社株式や不動産などの資産は売却して利益が確定しない限り、課税所得とみなされない。プロパブリカは相場上昇などによる資産増加を推計し、連邦所得税の支払額と比較。富の増加に対する「真の税率」を割り出した。

 25人の14~18年の真の税率は3.4%と指摘した。ベゾス氏は資産増加が990億ドルなのに対し、所得税の支払額は9億7300万ドルで0.98%。マスク氏は3.27%、バフェット氏は0.10%、ブルームバーグ氏は1.30%とした。(ニューヨーク 共同)

【用語解説】米富裕層 米誌フォーブスが毎年発表している世界長者番付の上位に名を連ねており、2021年版ではアマゾン・コム創業者のジェフ・ベゾス氏が保有資産で4年連続首位。2位はテスラ最高経営責任者(CEO)のイーロン・マスク氏、4位がマイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏、5位はフェイスブックCEOのマーク・ザッカーバーグ氏となっている。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus