国内

菅首相、G7サミット出席へ まずは英国首相と会談

 【コーンウォール=田村龍彦】菅義偉首相は10日深夜(日本時間11日朝)、7カ国(G7)首脳会議(サミット)出席のため、政府専用機で英南西部コーンウォールに到着した。首相はサミットに先立ち、11日(同11日夜)に議長国・英国のジョンソン首相と会談する。

 首相は政府専用機のトラブルで羽田空港の出発が遅れたが、ほぼ予定の時刻に現地の空港に到着した。

 サミットは11~13日に行われ、新型コロナウイルス対策や気候変動問題のほか、覇権主義的な動きを強める中国などについても議論する。首相は日本の立場や取り組みを説明するとともに、夏の東京五輪・パラリンピックの開催に向けて、各国首脳の支持も取り付けたい考えだ。

 新型コロナの感染拡大を受け、G7サミットが対面で行われるのは2年ぶりで、昨年9月に就任した首相としては初の対面での多国間の会合となる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus