国内

五輪パブリックビューイング中止は「適切」 厚労相、自宅での応援お願い強調

 田村憲久厚生労働相は11日の記者会見で、埼玉県や千葉県が東京五輪・パラリンピックのパブリックビューイング(PV)を中止すると発表したことについて「適切な判断をいただいている」と述べた。その上で、改めて「できれば自宅で応援いただきたい」と強調した。

 田村氏は「五輪をやって感染が増えるということは、避けなければならない」と指摘。開催までに感染者数を最大限減らし、開催期間中の感染リスクを下げるため、専門家の意見を踏まえて東京都などと対応を協議していく考えを示した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus