海外情勢

韓国の文大統領「菅首相との会談に結びつかず残念」 G7で初対面の挨拶のみ

 【ソウル=桜井紀雄】英コーンウォールで13日に閉幕した先進7カ国首脳会議(G7サミット)で、招待国として出席した韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、菅義偉首相と初対面で短い言葉を交わした。だが日韓やバイデン米大統領を交えた日米韓の首脳会談は行われず、文氏は「残念」と振り返った。

 文氏は13日、英国から次の訪問国のオーストリアに向かう途中、会員制交流サイト(SNS)に独仏豪首脳らとの会談について「非常に意味があった」と投稿した。一方、「菅首相との初対面は、韓日関係で新たなスタートとなり得る貴重な時間だったが、会談に結びつかず、残念に思う」と書き込んだ。

 大統領府などによると、日韓両首脳は12日、韓国も加わる会議開始前に会場のホテルで出くわし、互いに「お会いできてうれしい」との趣旨のあいさつを交わした。両首脳は昨年9月に電話会談しているが、直接の対面は初めて。日本側によると、文氏から菅首相に歩み寄って声を掛けた。12日の夕食会でも1分程度、言葉を交わしたという。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus