国内

河野担当相、かりゆし姿でワクチン接種「痛みなく」

 河野太郎ワクチン担当相兼国家公務員制度担当相は21日、新型コロナウイルスワクチンの職場や大学での接種開始に伴い、東京都内でワクチンを接種した。河野氏は終了後、記者団に「痛いということもなく、無事終わった。特に異常もない」と語った。

 この日は東京・霞が関でも各省庁の官僚らを対象にした職場接種がスタート。河野氏も腕を出しやすいように、かりゆし姿で臨んだ。

 また河野氏は同日から職場や大学への接種が始まり、接種の対象が64歳以下の現役世代にも拡大することを受けて「副反応はあるが効果の高いワクチンだ。1人でも多くの方に打っていただきたい」と述べた。そのうえで、「打たないからといって差別的な取り扱いがないように気をつけてほしい」とも語った。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus