株価・外為

東証、続落で始まる

 週明け19日の東京株式市場の日経平均株価は続落し、前営業日比339円68銭安の2万7663円40銭で取引が始まった。

 前週末の米株式市場が下落した流れを引き継いで東京市場でも売りが優勢となり、寄り付きから節目の2万8千円を下回った。感染力が強いインド由来のデルタ株による新型コロナウイルスの感染再拡大に警戒感が強まっている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus