国内

ワクチン在庫多い自治体への配分削減は見送り 8月後半分

 厚生労働省は27日までに、米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンについて、8月後半の全国への配分量を都道府県に通知した。8月前半分は、在庫が多いと見なした自治体への配分量を1割削減する調整措置を取ったが、政府内で検討の上、今回は見送った。自治体から「ワクチンは余っていない」などと反発が出ており、配慮したとみられる。

 厚労省が通知したのは8月16日からの2週間分、計1万箱(1170万回分)の配分量。このうち8割をこれまで通り、人口などに応じて市区町村に割り当てる。

 政府は、全国の接種情報を一元管理する「ワクチン接種記録システム(VRS)」を基に、8月2日からの2週間分については、国が一定量の在庫があると見なした市区町村への配分を1割削減した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus