国内

民間のワクチン証明に指針 厚労相、検討方針示す

 田村憲久厚生労働相は22日のフジテレビ番組で、民間企業の間で従業員に新型コロナウイルスのワクチン接種証明を交付する動きが出ていることを巡り「接種しない人を解雇するなど、働く方々に不利益のない形で対応していただく」として、指針を策定する考えを示した。

 民間企業での従業員に対する接種義務化の是非について問われた田村氏は「どういうことが許され、何をやってはいけないのか、一定の方向を出さないといけない」と述べた。外食業界では接種を終えた店員に「安全マーク」を身に着けさせることを検討する動きなどが出ている。

 また田村氏は、全国知事会がロックダウン(都市封鎖)のような方策の検討を要求していることに関し「どういうイメージなのか十分理解できていない」とした上で、出勤停止や学校閉鎖などは「なかなか難しいというのが現実」と、消極的な姿勢を示した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus