海外情勢

英議会、中国大使を出入り禁止に 中国側は反発

 英議会上下両院の議長は中国の鄭沢光駐英大使が国会議事堂に立ち入るのを禁止する方針を示した。英BBC放送などが14日、報じた。

 BBCなどによると、鄭氏は15日に国会議事堂内で開かれる親中派議員のレセプションに参加予定だった。しかし、中国から制裁対象に指定された複数の英与党・保守党議員が反発し、鄭氏の立ち入り阻止を議長に要求。議長は申し入れを受け入れ、レセプションは延期となったという。

 ホイル下院議長は英メディアに対し、「中国が議員に制裁を科している以上、中国の大使が英議会の敷地内で人と会うことは適切だとは思わない」と主張。立ち入り禁止は中国が制裁を解除するまでの一時的な措置との認識を示した。

 立ち入り禁止を受け、在英中国大使館の報道官は14日、「軽蔑と強烈な非難」を表明した。

 英政府は今年3月、中国新疆(しんきょう)ウイグル自治区で深刻な人権侵害に関与したとして、中国当局者らへの制裁を発表。中国側は対抗措置として、同自治区の人権問題を批判していた英議員らに対し、中国への入国禁止などの制裁を科した。(ロンドン 板東和正、北京 三塚聖平)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus