国内

菅政権発足1年、首相「コロナ対策に明け暮れた1年」

 菅義偉(すが・よしひで)首相は16日午前、政権発足から1年を迎えたことについて「国民の命と暮らしを守ることを最優先に、1日も忘れることなく新型コロナウイルス対策に明け暮れた1年だった。最後の1日まで、国民のために働く内閣として全力で働きたい」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 首相は感染状況に関し、「全国的に感染者数は減少傾向にあるが、現場の声に耳を傾け、医療体制を確保し、ワクチン接種を全力で推進していきたい」とも語った。ワクチン接種回数について1回目は米国を超え、2回目も米国と同水準に達したと強調した。

 同時に「国民の皆さんの不安を1日も早くなくし、かつての生活を取り戻せるように頑張っていきたい」とも述べた。

 政権の成果としては、脱炭素化などグリーン分野、コロナ禍でも経済を牽引(けんいん)しているデジタル、不妊治療、高齢者の医療制度改革などに取り組む一方、東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出の決定など、先送りできない課題にも結論を出したと説明した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus