株価・外為

東京株、午前終値は786円安 2万8000円割れ

 5日午前の東京株式市場の日経平均株価は大幅続落した。前日終値からの下げ幅は一時900円を超え、2万8000円を割り込んだ。午前終値は786円58銭安の2万7658円31銭。東証株価指数(TOPIX)は34・63ポイント安の1939・29。

 4日の米株式市場でハイテク株を中心に下落したことが嫌気され、朝方から売りが先行した。岸田文雄首相が株式の売却益など金融所得への課税を強化する方針を表明したことも相場の重しとなった。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus