国内

首相、北ミサイル発射で「敵基地攻撃含め検討を」

 政府は19日、北朝鮮が弾道ミサイルを発射したことを受けて国家安全保障会議(NSC)を開催した。首相は終了後、官邸で記者団に「敵基地攻撃能力の保有も含め、あらゆる選択肢を検討するよう改めて確認した」と述べた。ミサイルに関しては「SLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)の可能性も含め分析中だ」と説明した。

 首相はまた、NSCについて「国民の安全と安心の確保に向けた情報収集、分析、警戒監視の徹底、国際的な連携を関係閣僚に指示した」と説明。その上で「北朝鮮によるミサイル技術の著しい発展は、わが国と地域の安全保障にとって見過ごすことができない」と強調し、防衛力の抜本的な強化に取り組む考えを示した。

 発射について報告を受けたのは、福島市内で19日午前10時半から行った街頭演説の後だったと説明。その後に仙台市に移り街頭演説を行った後に帰京したことに関しては「まずは情報収集、分析を行わなければならない。その間の作業、帰りの東京への列車の事情などを総合的に勘案した結果」と説明した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus