株価・外為

NY原油、7年ぶり高値 一時84ドル超

 20日のニューヨーク原油先物相場は続伸し、指標の米国産標準油種(WTI)の11月渡しが、前日比0・91ドル高の1バレル=83・87ドルとなり、終値として2014年10月以来、約7年ぶりの高値を更新した。需給逼迫の懸念が継続し、一時84ドル台まで上昇した。

 朝方発表された米週間石油統計で、原油在庫が市場の予想に反して減少したことから、需給状況への警戒感が強まった。新型コロナウイルス禍からの経済活動の再開でエネルギー需要が増加する一方、産油国の増産ペースが緩やかなことから、原油価格の上昇が続いている。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus