国内

自民「新しい資本主義本部」初会合来春提言へ

 自民党は25日午前、岸田文雄首相(党総裁)が掲げる経済政策の実現に向け、総裁直属機関である「新しい資本主義実行本部」の初会合を党本部で開いた。「成長と分配の好循環」による新しい資本主義の具体像について議論し、来年春に提言をまとめる考えだ。

 本部長を務める首相は会合で「世界の大きな流れに後れを取らないよう、しっかりとした経済を考えていかなければいけない。これがこの実行本部の役割だ」とあいさつ。「来年春を目指してグランドデザインを描いていきたい」と語った。

 本部長代行の茂木敏充幹事長は「モデルチェンジをしない車は絶対に売れるようにならない。資本主義もモデルチェンジが必要だ」と強調。「デジタルやグリーンといった成長分野への投資を加速させ、そこで生み出される利益が消費者に回り、マーケットが拡大する。こういった好循環を作っていきたい」と語った。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus