国内

首相「世界に遅れをとらない経済を」 新しい資本主義党会合で

 岸田文雄首相(自民党総裁)は25日、党本部で開かれた「新しい資本主義実行本部」の初会合で「成長と分配の好循環を実現し、世界の大きな流れに後れをとらない経済を考えなければならない」と述べた。

 首相は、19日に閣議決定した追加経済対策で「新しい資本主義を起動するために19・8兆円規模の対策を盛り込んだ」と強調。実行本部の顧問に甘利明前幹事長が就いたことも明らかにした。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus