SankeiBiz for mobile

GM・バーラCEOに聞く 「不採算地域の事業、再構築」

ニュースカテゴリ:企業の自動車

GM・バーラCEOに聞く 「不採算地域の事業、再構築」

更新

ディーラーに並ぶGMの車。同社のリコール遅れは信用問題に発展している=米ノースカロライナ州(ブルームバーグ)  米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)のメアリー・バーラ最高経営責任者(CEO)の一問一答は以下の通り。

 --今のGMの経営状況と課題をどうみているか

 「GMはここ数年多くの前進を遂げた。16四半期連続で黒字を達成し、バランスシートは強固で、格付けは投資適格級を回復し復配も実現した。だが、まだやるべきことは多い。GMは世界中で新車の投入を続けるが、そのためには欠陥がないことが重要で、高品質の車を届けねばならない。米国と中国での成功を生かし、(欧州など)不採算地域の事業も再構築する」

 --重視する海外市場は

 「中国は世界最大の市場で、GMはすばらしい位置につけている。19の新車を今年投入し15年までに4つの組立工場を新設する。『キャデラック』など高級車のシェアを10%に高めたい。世界の需要増に対応し資本投資と調査開発で毎年150億ドル(約1兆5400億円)を投じる」

 --仏プジョー・シトロエン・グループ(PSA)と資本提携を解消したが再編戦略は

 「部材調達などでPSAと協力関係は維持する。GMのビジネスを強固にしてくれる企業には常にオープンで、適切な(提携の)機会を引き続き検討する。日本車メーカーとは、いすゞや燃料電池で提携したホンダとの協力は長期的かつ建設的となるだろう。(その他の)将来の提携について今推測できるものはない」(ワシントン 柿内公輔)

ランキング