SankeiBiz for mobile

ソニー、スマホ事業「ゼロから見直す」 抜本改革に着手へ

ニュースカテゴリ:企業の情報通信

ソニー、スマホ事業「ゼロから見直す」 抜本改革に着手へ

更新

ベルリンのIFA会場で合同インタビューに応じるソニーの平井社長  ソニーの平井一夫社長は4日、ベルリンでフジサンケイビジネスアイなどのインタビューに応じ、スマートフォン(高機能携帯電話)事業について「地域展開や開発方法も含め事業をゼロから見直す」と述べ、スマホを含むモバイル事業の抜本改革を行う方針を示した。

 平井社長は当地で開かれた家電見本市「IFA2014」でスマホの旗艦モデル「Xperia(エクスペリア)Z3」を発表したことにふれ、「新しい旗艦モデルと、派生型の普及モデルで、市場シェアだけでなく利益も重視していく」と説明。Z3に付加したプレイステーション4のリモート機能について「特に米国の携帯電話会社への訴求力が高い」と自信を見せた。

 7月末の決算発表で吉田憲一郎最高財務責任者(CFO)が表明したスマホ事業の減損リスクについては、「現段階ではリスクがあると話しているだけだ」と述べるにとどめたが、「事業の見直しを今考えている」と話し、抜本的な改革を行う方針だ。

 分社化したテレビ事業では、地域ごとに販売会社で人員整理などのコスト削減を進める方針。

 すでに米販社で従業員の3分の1が離職した。同時に欧州で大型曲面の4K液晶テレビを今年10月から発売するなど、付加価値の高い商品開発を続ける。(ベルリン 南昇平)

ランキング