SankeiBiz for mobile

4代目新型プリウス、ついに燃費40キロへ 初の四輪駆動モデルも登場

記事詳細

4代目新型プリウス、ついに燃費40キロへ 初の四輪駆動モデルも登場

更新

 トヨタ自動車は13日、12月に発売するハイブリッド車(HV)「プリウス」の新型車の燃費が1リットル当たり40キロ(一部グレード)になる見通しだと発表した。日産自動車も電気自動車(EV)「リーフ」の一部改良を12月に予定する。

 独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の排ガス不正問題を踏まえ、自動車各社は主力車種の環境性能を向上させ、優位性を保つ構えだ。一方、欧州勢はディーゼル車からプラグインハイブリッド車(PHV)などへの移行を急いでおり、各社の戦略に影響を及ぼしている。

 トヨタが国内初公開した新型プリウスは、熱効率を改善した新型エンジンを搭載。モーターやバッテリーなどのHVシステムを小型・軽量化し、燃費を現行の1キロ当たり32.6キロから約2割向上する。

 低重心化を図り、走行性能や快適さを高めたほか、衝突回避支援などの先進安全装備も搭載した。プリウスとして初の四輪駆動モデルも用意する。

ランキング