SankeiBiz for mobile

動物120種以上を取り扱い ロイヤルホームセンター、東京初出店

記事詳細

動物120種以上を取り扱い ロイヤルホームセンター、東京初出店

更新

 大和ハウス工業グループのロイヤルホームセンター(大阪市西区)は、南千住店(東京都荒川区)を開設した。東京初出店で全国55カ所目となる。

 建物は3階建てで最上階には約1800平方メートルのアニマルシティを設置。120種類以上の動物を取り扱っており、犬や猫、鳥をはじめとしてモモンガやフクロウなど珍しい動物を取りそろえた。また、約300平方メートルの大型ドッグランやしつけ教室などの各種サービスも提供するほか、最大31頭まで預かることができるペットホテルを完備した。

 多様な環境配慮技術も導入した。その一つがパッシブコントロール。採光のために窓の上部に光屈折フィルムを設置し、自然光を天井や部屋の奥に行き渡らせ、LED(発光ダイオード)照明と照度センサーを併用する。また、太陽光を集光できる機能を持つトップライトなどを組み合わせることによって、照明電力を最低で30%以上削減する。

 屋上には約20キロワットの太陽光発電システムを設置。夏の暑い日に外に水をまく打ち水のように、熱源を使用せずにファンと少量の水で冷房効果を得る「メガクール」システムも導入した。

ランキング